合宿免許について学ぼう

合宿免許の宿舎でのルール

合宿免許で免許を取る。宿舎での起床時間は

合宿免許で免許を取る。宿舎での起床時間は 合宿免許は自動車教習所が用意した宿舎で寝泊まりをして、定められたスケジュールで教習を受けることで短期間での免許取得が出来るものです。
また定められたスケジュールで行うので通常の自動車教習所で行われる通学型よりも合宿免許の方が費用が安いといったメリットがあります。
合宿免許のスケジュールは教習所で異なってきますが、一般的には日数としては14日間で、1日9時限が設定されます。
ただし実際のところ授業は実技と学科を合わせて1日あたり4時限から7時限で行われます。
はやいところでは8時40分から教習がスタートするため事前準備を考えれば起床時間は7時頃になります。
それに毎日ではなく2時限目の9時40分からの教習も多いものです。
一方で9時限目は17時30分から18時20分ですから19時までには当日の教習は終わります。
実技で補習があっても余裕のある1日のスケジュールですから、翌日の起床時間に影響するということもありません。

合宿免許に行く前には宿舎の消灯時間を確認

合宿免許に行く前には宿舎の消灯時間を確認 合宿免許を利用するにあたって事前に確認しておきたいポイントのひとつが、消灯時間です。
短期間で効率よく運転免許が取れる点がメリットの合宿免許ですが、わずか2週間程度で運転に必要な技術や法令の知識を学ぶ必要がある為、期間中はある程度のスケジュール管理がなされています。
スケジュールを乱し、ルールを破ってしまうと教習に支障をきたしたり、人間関係でトラブルになってしまうケースも考えられるので、しっかりと規律を守って合宿生活を送ることが大切です。
教習所内の宿舎を使った合宿免許の場合、基本的には消灯時間が定められていることが多くなっています。
しかし、普段から生活リズムが不規則になりがちな方や、昼夜逆転の生活を送っている方の場合、いきなり宿舎での生活リズムに合わせることは簡単ではありません。
この為、事前に合宿期間中の起床、就寝などのスケジュールを確認し、合宿免許が始まる前に生活リズムを整えておくことがおすすめです。


Copyright © 2018 合宿免許について学ぼう all rights reserved.